習志野青龍窟(武蔵一族・組頭)【忍びのものファイル: その1】

公開日: : 忍びのもの ,

本来あまり表に出したくはないのだが、依頼に応じることができる忍者を何名か紹介しようと思う。

性質上、当然限られた情報のみになることをご了承いただきたい。

 

今回はその第一弾!!

習志野青龍窟(ならしの せいりゅうくつ)殿は江戸の隠密・武蔵一族の組頭で、忍術・武術をこころえた忍者でござる。

narashino_big

武蔵一族についてはこちら↓

http://ninjawarriors.ninja-web.net/japanese.html

 

古武術・柔術を中心にはば広く武術に通じており、忍者ならではの身体操作の術などにはいつも驚かされます。

いわゆる殺陣ではないのですが、武術・居合いなどの演舞も披露可能な忍者でござる。

narashino2

とても謙虚な方なのですが、中国武術なども学ぶなど、どん欲に新しい知識・技術を吸収される姿勢にはいつも頭が下がる思いでござる。

ちなみに手裏剣も得意で、伊賀の手裏剣大会予選(第6回)で全国ランキング上位に食い込むほどの腕前です。

●第6回伊賀流手裏剣打選手権大会暫定成績

 

本当に忍者らしいニンジャで、山で修行をしていたり、たまに断食していたりもします(笑)

体術面だけでなく、忍者に関することは、いろいろな分野で造詣が深く、話がとても面白いです。

忍者が唱える呪文”臨・兵・闘・者〜”で皆さんもご存知のご九字護身法など、忍者は密教とのつながりがあったりするのですが、それにまつわる話なども楽しくしてくれます。

一般人にも役にたつ、技も伝授してくれたりするので、要チェックな忍者です!

※じつは拙者もたまに稽古をつけていただいています。

 

ちなみになんとこの忍者、養蜂をやっております!

narashino4

そのために蜂の怖がらない白の装束をあつらえたそうです。

narashino5

通常行われている養蜂とはべつな方法で、かなり美味しい蜂蜜が取れる方法だとのこと。

(ただし一般的な養蜂に比べ量は少ししか取れないそうです)

 

ちょっと脱線したでござるかな(笑)

とにかく、素晴らしい術をもちながらも、気さくで心優しい忍者でござるよ。

narashino3

。。。おっとこれ以上詳細に触れるのはマズイでござるな。

習志野先生(”先生”というと激しく謙遜するんですが笑)については、ついつい饒舌になってしまう(笑)

 

お問い合わせ等は→こちらまで。

ではではこの辺で。

ドロン!

 

関連記事

djshikoro

小しころ (武蔵一族)【忍びのものファイル: その2】

忍びのものファイル、第2弾!は、くノ一の小しころさん(from 武蔵一族)でござる!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

raja_i
鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

tutles
ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

ninpotaizen
心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

kouka
「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

ninjutsu_keiko
【忍術教室のお知らせ】テーマは「手裏剣と杖術」10/7(火)に江戸某所で開催!

10/7(火)に「手裏剣と杖術」をテーマに忍術教室が開かれます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑