忍者”愛”あふれる「落第忍者乱太郎」

公開日: : 最終更新日:2014/09/06 絵本・児童書 , ,

最近、尼子騒兵衛先生の「落第忍者乱太郎」をよく読んでいます。

といってもコミックではなく絵本・児童書版「らくだいにんじゃらんたろう」なのですが、なんかほのぼのしていていいんです。

だいたい落ちこぼれの忍たま三人がやらかして(特にしんべい)、危ない目に合いながら危機を乗り越える、みたいな話なんだけど、忍者の先生(大木雅之助せんせい)が、いつもいい味だしてるんですよ。

いつも厳しく三人に接するんだけど、じつはいつも影で見守っていて、いざとなると助けてくれる(、頼りになる先生で、あえて冒険させて成長させるようところもあり、ホント暖かいものを感じるんですよね。

自分も落第系なので、じんわりしちゃうんですよ(笑)

それだけでも読む価値は充分ですが、作者の忍者への愛情がハンパじゃない。

白土漫画みたいに話の途中で武器や道具の解説が入るんだけど、創作ではなくて、きちんとした内容が書いてある。

あとから聞いた話なんだけど、本当に忍者が好きで自分でもかなりの量の武器や道具を収集しているらしく、自分以外の忍者の本の監修もやっているくらいなのだ。

先生の作品を読みはじめたのも、じつは監修”尼子騒兵衛”とあったのを調べたら、忍たま乱太郎の原作の方だとわかったのが、キッカケでござる。

ちなみに自宅はからくり屋敷になっているそうだ。

児童書版は子供向けだからか、妖怪・幽霊が出てくるものが多いんだけど、水軍(海賊)に水泳を習いにいく話などもあり、なかなか渋い面もあります(先生は水軍も好きらしい)。

ご存知の通り「忍たま乱太郎」はアニメでも大ヒットした超人気コンテンツで、コミックは50巻以上あり、ハマると深みに落ちそうな部分もあるのですが。。。どうやら尼子先生の術にかかってしまったなぁ。

普段、渋くてハードボイルドな忍者を好むアナタも、たまには乱太郎で”ほのぼの”するのも良いでござるよ。

今日はこの辺で。
ドロン!

関連記事

ねことんの術

隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるかもしれない。 少し前の本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ねことんの術
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるか

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

→もっと見る

PAGE TOP ↑