バットマンは忍者の修行してヒーローになった!?

公開日: : 最終更新日:2014/08/27 映画

バットマンが映画「バットマン・ビギンズ」でヒーロー活動をする前にヒマラヤで忍者の修行したという設定がある。

ヒマラヤで忍者修行?また米国人がベストキッド2やガンホー(例が古い)みたいなトンデモな話かよ!なんて思うかもしれないけど、もしかしてこれはとても興味深いことかもしれない。

じつは忍者が唱える呪文(九字など)をみてもわかるんだけど、忍者と密教は強いつながりがある。

ヒマラヤ周辺には釈迦の生誕地があったり、チベット密教があったりするので、先入観が無い米国人が自由な思考の中でその本質的なつながりを感じていたなら、それはそれでとても面白い。

たまたま思いついただけかもしれないけど(笑)

ヒッピーたちがインドやチベットの仏教に興味をもっていたと聞いたことあるけど、同じアジアの文化という括りで脳の中で繋がったのかもしれない、と考えるのが普通なのかな。

あ、忍者とヒッピーって新しい組み合わせだなぁ。

 

彼も確かにスパイダーマンほどではないけど、ビルの間に飛びおりてみたり、道具の使い方なんかも忍者的なヒーローだよね。

でもビジュアル的に、あのマスクはサムライの格好も似合うのでは?と思っている。

↓こんな感じ(鞍馬天狗ベース)

batman2

そして「こうもり侍」として時代劇にリメイクできたらなんて妄想。

日中は身分の高い武士として暮らし、夜になると”こうもり侍”として、法では裁けない悪をやっつける、みたいな。

ロビンは水戸黄門の”風車の弥吉”的な忍者という設定ではどうだろう。

最後の5分は「暴れん坊将軍」のようにバッタバッタと敵を倒す殺陣でしめくくる。。。

 

。。。まだまだ暑い日が続きますが、今日はこの辺で。

ドロン!

  

関連記事

アイヌの血を引く忍者の冒険活劇【映画「カムイの剣」のレビュー】

以前、前のBlogでも取り上げた「カムイの剣」だけど、今度はアニメ映画の話。 映画「銀河鉄道9

記事を読む

「SFサムライフィクション」の忍者谷啓のリアリズム

中野裕之監督の作品で忍者というと「RED SHADOW 赤影」を思い浮かべる人は多いかもしれない。

記事を読む

映画「Taxi2」と忍者、そしてパルクール

昨日パルクールで街中を飛回る忍者女子校生の動画について触れたんだけど、パルクールはその紹介文句として

記事を読む

ドロン無しのリアリズム 映画「忍びの者」

たまには忍者映画のことでも書いてみよう、そう思ったら頭に浮かんで来たのは映画「忍びの者」でござった。

記事を読む

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参りました! 世界的に有名

記事を読む

ジョン・ベルーシのビックリな身体能力?【ニンジャな人々】

ども!今日の【ニンジャな人々】なんですが、 いきなり「ジョン・ベルーシ(John Belush

記事を読む

映画「忍者武芸帳」の斬新さには忍者もビックリ

たまたまテレビで大島渚が取り上げられているのを見て、彼の手による映画「忍者武芸帳」をふと思い出した。

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねことんの術
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるか

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

→もっと見る

PAGE TOP ↑