映画「Taxi2」と忍者、そしてパルクール

昨日パルクールで街中を飛回る忍者女子校生の動画について触れたんだけど、パルクールはその紹介文句として”都会のニンジャ”のようにやっぱり”忍者”という言葉を使うことが多くて、実際に塀を登ったり、屋根から屋根へ飛んだりっていうイメージはまさに忍者ですよね。

 

自分の記憶を辿るとパルクールが広く知られるようになったのは映画「YAMAKASI(以下、ヤマカシ)」がキッカケだったと思う。

”ヤマカシ”はフランスのパルクール集団。「レオン」や「フィフスエレメント」の映画監督の有名なリュックベンソンが彼らを取り上げて、映画になりました。

でもじつは同じリュックベンソンが脚本・制作で関わった映画「Taxi2(タクシー2)」でパルクールは登場していたんでござるよ。

Taxi2はかなりヒットした映画だから、テレビなどで観た人も多いんじゃないかな。

 

この映画はフランスに視察に来た日本の防衛庁長官がヤクザにさらわれて、主人公の警官とその友人のタクシードライバーが救出するって話(ざっくり)。

面白かったのはヤクザの手下として登場する黒装束を着た集団がパルクールをするんだけど、それがあきらかに忍者を意識したものだったですよ。

パルクールは移動術だから警官が追いかけるけど、てんで捕まらないんだけど、そんなシーンがテンポよくうまく映画に取り入れられていた思う。

パルクールはフランス発祥なんだけど、そのフランス人にとってもパルクールは忍者なイメージだったみたい。

劇中でヤクザを相手にする警察の署長がたてた作戦名が「NINJA」だったりするのも可笑しかったなぁ。
名前ばかりで全然作戦がダメダメ(笑)
この映画の主人公と警察署長は、そのダメっぷりがカワイイんですよ。

主人公もやることなすことドジばかりで、美人で腕もたつ同僚の彼女にいつも守られちゃったりするんだけど、そんな彼を助ける友人のタクシードライバーの格好良さとのギャップがなんだかいいんですよね。

そんなコミカルなところもナイスだし、カーアクションも最高な娯楽映画なんだけど、(恐らく)初めてパルクール+忍者の要素が入った作品というところを注目して是非また観て欲しいでござる。

 

 
 

関連記事

ドロン無しのリアリズム 映画「忍びの者」

たまには忍者映画のことでも書いてみよう、そう思ったら頭に浮かんで来たのは映画「忍びの者」でござった。

記事を読む

「SFサムライフィクション」の忍者谷啓のリアリズム

中野裕之監督の作品で忍者というと「RED SHADOW 赤影」を思い浮かべる人は多いかもしれない。

記事を読む

忍者とパルクール

何度かブログでも取り上げているのですが、皆さん「パルクール」ってご存知ですか? youtube

記事を読む

ジョン・ベルーシのビックリな身体能力?【ニンジャな人々】

ども!今日の【ニンジャな人々】なんですが、 いきなり「ジョン・ベルーシ(John Belush

記事を読む

映画「忍者武芸帳」の斬新さには忍者もビックリ

たまたまテレビで大島渚が取り上げられているのを見て、彼の手による映画「忍者武芸帳」をふと思い出した。

記事を読む

”スパイダーマン歩き”で忍者修行、そしてパルクール

顔をマスクで隠し、ビルの谷間を行ったり来たりするスパイダーマンは、かなり忍者的な要素をもったヒーロー

記事を読む

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参りました! 世界的に有名

記事を読む

バットマンは忍者の修行してヒーローになった!?

バットマンが映画「バットマン・ビギンズ」でヒーロー活動をする前にヒマラヤで忍者の修行したという設定が

記事を読む

忍者女子高生、そしてパルクール

きっとすでに目にしている方も多くいるであろうこの動画、1ヶ月で570万回再生され、広告効果ははかりし

記事を読む

アイヌの血を引く忍者の冒険活劇【映画「カムイの剣」のレビュー】

以前、前のBlogでも取り上げた「カムイの剣」だけど、今度はアニメ映画の話。 映画「銀河鉄道9

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねことんの術
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるか

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

→もっと見る

PAGE TOP ↑