ジョン・ベルーシのビックリな身体能力?【ニンジャな人々】

ども!今日の【ニンジャな人々】なんですが、

いきなり「ジョン・ベルーシ(John Belushi)」って誰?みたいな感じでござるよね。

アメリカの超人気お笑い番組「サタデーナイトライブ」に出演してたり、拙者が好きな映画ベスト10に必ず入る「ブルースブラザーズ」にも主演していたコメディアンでござる。

多分、黒いスーツにサングラスをかけた姿はどこかで目にしたことがあるんじゃないかな。


↑右の太っているほうがジョンベルーシ。

残念ながら、もう随分前に亡くなってしまっているのだけど、知ってる人はよく知ってるよね。

 

ちなみに侍(samurai futaba)に扮して活躍もしていて、彼のコスプレ用衣装も売っています。


じつはこの人、まるで忍ばない芸能人でござる。

いきなり、「俺はジョンベルーシだ」って言って知らない民家に入っていって、勝手にくつろいじゃったりするんです。

日本でいえば、志村けんがいきなり家に来て、冷蔵庫あさってビールなんかをソファで飲んでいるイメージかな。

しかも民家にいる時、仕事で関わっているスタッフは行方不明になっている彼を探しているという。。。あ、ある意味、忍んでいるな(笑)

そんなスゴイ人でござる。

 

結構、いい体格をしているのは、写真でおわかりだと思うのですが、

ジョンはこの身体で連続でバク転ができるような、まるでニンジャな身体能力を持っているんです!

下記動画の48秒あたりのシーンをチェック

と本当はいいたかったのですが、影武者(スタントマン)をつかっていたことが判明。。。

↓バク転したスタントマンのwiki

http://en.wikipedia.org/wiki/The_Pendragons

イリュージョンもできる人らしい(こっちの方がニンジャ的か?)

 

じつはこんな体格でバク転ができるのか!ハゲでもカッコいい!!と子供のころから憧れの人だったのだが、まんまと術中にハマっっていたでござる(笑)

一応、側転は本人でもどうやらできる様でござるが。

今となってはそんなこともある意味「ニンジャ的」だなぁ、なんて思うでござる。

 

最近の若い人は知らない人も多いようだけど、この映画「ブルースブラーザース」は、無茶苦茶オモシロくて、音楽も最高な映画なので観てない人はとにかく観て欲しいでござる。

なにげにカーアクションももの凄くて、CG無しでハンパじゃないでござるよ。

 

ブルースブラザーズが気に入った人には、「サタデーナイトライブ」のジョンのギャグも是非堪能してもらいたい。

ジョーコッカーのモノマネやサムライのコントは必見でござるよ。

 

じゃ、今日はこんなこところで。

ドロン!

  

関連記事

アイヌの血を引く忍者の冒険活劇【映画「カムイの剣」のレビュー】

以前、前のBlogでも取り上げた「カムイの剣」だけど、今度はアニメ映画の話。 映画「銀河鉄道9

記事を読む

祝!くノ一武道大会で仲間の忍者が優勝!!!

じつはなんと先日お知らせした京都福知山で開催された「第18回くの一武道大会 丹波福知山の段」で、忍者

記事を読む

続・忌野清志郎 忍者説【ニンジャな人々】

愛してあってるでござるかーい? 前回、ザ・タイマーズでの活動を通して、忌野清志郎がいかにニンジ

記事を読む

ねことんの術

隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるかもしれない。 少し前の本

記事を読む

バットマンは忍者の修行してヒーローになった!?

バットマンが映画「バットマン・ビギンズ」でヒーロー活動をする前にヒマラヤで忍者の修行したという設定が

記事を読む

ドロン無しのリアリズム 映画「忍びの者」

たまには忍者映画のことでも書いてみよう、そう思ったら頭に浮かんで来たのは映画「忍びの者」でござった。

記事を読む

【レビュー】みんなが思い描く”忍者像”とはなにか?「忍者文芸研究読本」

”ニンジャというコトバのチカラ”というタイトルで記事を描いたんだけど、今年5月に発売された「忍者文芸

記事を読む

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。 武蔵一族の忍者、習志野先生の行

記事を読む

「SFサムライフィクション」の忍者谷啓のリアリズム

中野裕之監督の作品で忍者というと「RED SHADOW 赤影」を思い浮かべる人は多いかもしれない。

記事を読む

忍デリは高柳明音 (SKE48) 推しでござる!【ニンジャな人々】

「ニンジャな人々」と銘打って、忍者のような方々を取り上げているのですが、前回の”忌野清志郎ニンジャ説

記事を読む

Comment

  1. squalot より:

    ジョン・ベルーシのSNLサムライナイトフィーバーのアクション見ればバクテンは代役必要ないような気がします。

    • nindeli より:

      代役いれなくても良かったかもしれないですね。ああ、でももう映画のキレキレのイメージが強く頭に残ってるから、もうなんとも言えないないなぁ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ねことんの術
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるか

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

→もっと見る

PAGE TOP ↑