【レビュー】みんなが思い描く”忍者像”とはなにか?「忍者文芸研究読本」

公開日: : 最終更新日:2014/08/30 ブログ, 書籍 , ,

”ニンジャというコトバのチカラ”というタイトルで記事を描いたんだけど、今年5月に発売された「忍者文芸研究読本」は、世の人々がイメージする”忍者像”はどのようにしてできていったか、がテーマの本。

本物の忍者はどうだったのか、史実はどうであったか?について書かれた本はたくさんあるけど、これは面白い視点。

 

直接忍者を知る人はその性質上、ごくごくまれである。

当然一般的には当然メディアを通して”忍者”を知るのだが、この本は歴史的な書物から小説、歌舞伎、コミック、映画など忍者が登場するものを取り上げ、日本のみならず海外(なんとアメリカのみならず、中国、ロシアの事情までにも触れている)を含め、人々の間で”忍者像”がいかに形成されていったのか、各分野で研究されている方々によって綴られている。

”忍者”に関わる史実とフィクション、全てを包括的にとらえようとしているのだ。

 

うーむ、堅い。。忍者デリバリーらしくないでござるな(笑)

 

でも、これ本当に素晴らしい視点なんですよ。

個人的にはカムイ伝第一部の徳川幕府の根底を覆す秘密くらいのインパクトがある。ちょっと大げさか(笑)

突っ込んでいくと井戸のように深いテーマだから、酒が入って語り合ったりすると、きっと面倒くさい話になるんだけどね。

 

あと実際の忍者は手裏剣をテレビ・映画のようには使っていなかった、なんてことを耳にしてしまうとガッカリすることもあると思うけど、史実は史実として、フィクションの中で作られた忍者もみんなの心の中にあるものなんだ、と思うと、なんだかちょっと救われる気がする。

やっぱり手裏剣、投げてほしいじゃない?

ムササビの術とか、ああいうのをいきなり無茶ぶりされるのは、キビシイけど(笑)

 

ちなみに「忍者文芸”研究読本”」と本のタイトルにあるんだけど、これはとても的を得た表現で、研究論文が並んでいる感じなので、くだけた内容では決してないでござる(表紙は普通の忍者関連本のようだけど)。

学生時代の記憶が蘇り、切ない思い出も頭に浮かんだでござるよ。。。

ちなみに”拙者が大好きな相原コージ先生の漫画「ムジナ」もまじめに取り上げられ、論じられています。

 

そういった意味では万人にすすめられる本ではないが、拙者のような忍者にとってはとっても貴重な内容。

巻末の資料も実用的な内容で、非常にありがたいです。

(年表をみて、この作品がこの時期にでたのかぁ、など意外な発見もあって楽しい)

 

忍者のセミナーでも質問に丁寧に応えてくださる山田雄司教授をはじめ、研究者の方々、書籍にしていただいた方々にも感謝でござる。

世の中、人知れずこのように暗躍している人々がいるお陰でまわっているのでいるのでござるなぁ。

 

ではでは今日はこの辺で。

ドロン!

 

関連記事

NINJA!にんじゃ!忍者!〜”ニンジャ”というコトバのチカラ

以前、甲賀流忍術の継承者川上仁一先生とお話させていただく機会があったのですが、こんなことをおっしゃっ

記事を読む

ジョン・ベルーシのビックリな身体能力?【ニンジャな人々】

ども!今日の【ニンジャな人々】なんですが、 いきなり「ジョン・ベルーシ(John Belush

記事を読む

甲賀の動きと忍者の地域ブランディング

先日、甲賀の「NINJA FUN PROJECT」について記事を書いたが、伊賀や地域ブランディングに

記事を読む

ねことんの術

隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるかもしれない。 少し前の本

記事を読む

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。 武蔵一族の忍者、習志野先生の行

記事を読む

忍デリは高柳明音 (SKE48) 推しでござる!【ニンジャな人々】

「ニンジャな人々」と銘打って、忍者のような方々を取り上げているのですが、前回の”忌野清志郎ニンジャ説

記事を読む

続・忌野清志郎 忍者説【ニンジャな人々】

愛してあってるでござるかーい? 前回、ザ・タイマーズでの活動を通して、忌野清志郎がいかにニンジ

記事を読む

続【レポート】第6回伊賀流手裏剣打選手権大会・東京予選に行ってきた(午後の部)

ども!忍者デリバリーです。 前回に引き続き、伊賀の手裏剣大会江戸予選のレポートでござる。

記事を読む

祝!くノ一武道大会で仲間の忍者が優勝!!!

じつはなんと先日お知らせした京都福知山で開催された「第18回くの一武道大会 丹波福知山の段」で、忍者

記事を読む

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でもそれは漫画や児童書であって、忍

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねことんの術
隠れた傑作「なん者ひなた丸ねことんの術の巻」

隠れた傑作!と書いたが、案外子供のころに読んだという人もたくさんいるか

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

→もっと見る

PAGE TOP ↑