続・忌野清志郎 忍者説【ニンジャな人々】

愛してあってるでござるかーい?

前回、ザ・タイマーズでの活動を通して、忌野清志郎がいかにニンジャ的な人物だったかについて語ったのだが(続くんだよ。フフフ。。)、今回はもう少し彼のパーソナルな部分にも触れてみたいと思う。

→ちなみに前回の記事はこちら

清志郎は、東京中野で生まれ、国分寺で育った。
子供のころは漫画が大好きで自分で描いてしまうくらいだったそうだ。

そんな彼が好きな漫画家は、「カムイ伝」などで有名な”白土三平”先生。
漫画の神様、手塚治虫ではなく、あの白土先生なのだ!

彼が子供のころは最も白土先生が活躍していた時代。
「忍者武芸帳」や「サスケ」といった作品が彼に強烈な影響を与えたことは間違いない。

 

意外だと思われるが、中学時代は山岳部だったそうだ。
ああ見えてかなりアウトドアな人だったのだ。

忍者と山で修行する修験道とのつながりは有名だが、白土先生の忍者漫画が大好きで山を登るわけだから、それなりの修行を実践していたに違いない。
(拙者なら絶対にやる)

そのころの修行が活きているのか、実際の彼の身体能力もなかなかのものだ。
彼のステージの映像を見ていただければわかるのだが、かなり激しく動きまわり、股割りができるくらい四肢の柔軟性も高いのだ。

 

その後高校に入って在学中にデビュー。しかしある事情から干された状態になり、売れない日々が続く。

その間も人知れずかなりの修行を続けたのであろう。
当初フォークバンドのスタイルだったが、エレキをいれたバンドになり、80年代にブレイクをすることになる。

今皆が知っているあのメイクとファッションのスタイルを確立したのもそのころだ。
メイクをしない清志郎の顔はさっぱりしたものである。

ステージ外では髪もツンツンではなく、衣装もきていないから、街ですれ違っても誰も気づかなかっただろう。
まさに忍者の変装術「七方出の術」である。

周囲にいた関係者によると、シャイで、かなり無口な人だったそうだ。
余計なことは話さなかったところも、謎めいていてニンジャ的である。

 

なかば強引な忌野清志郎”忍者説”であったが、必要に応じて姿を変え、目的を達成する、という点はまさに忍者なのだと思うのだが。。。

本当のところ、清志郎が忍者好きだったのは、間違いないのでござるよ。

「しゅりけんとうちゃん/いがぐりしょうぶのまき」という絵本も書いています(作画のみ)。

おとうさんが日曜日にニンジャになって活躍する話だそうだ。

※残念ながら幼稚園・保育園のみの販売で、一般書店での販売がなかった。

 

そんな彼もこの世に居ないと思うと寂しいのだが、たくさん素晴らしい作品を残しているので、あまり縁がなかった方も是非、聴いてほしいでござる。

ニンジャ的には、RCサクセションのアルバム「COVERS」に収録の坂本冬美と唄っている”シークレットエージェントマン”がオススメでござる。

 

では今日はこの辺で。

ドロン!

 

関連記事

【レビュー】みんなが思い描く”忍者像”とはなにか?「忍者文芸研究読本」

”ニンジャというコトバのチカラ”というタイトルで記事を描いたんだけど、今年5月に発売された「忍者文芸

記事を読む

【注意】大根おろしの汁は空腹時にはとてもキケン!

これは皆さんへ積極的にお伝えしなければならないと思い、忍者としてはちょっと迷ったがblogに書いてお

記事を読む

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。 武蔵一族の忍者、習志野先生の行

記事を読む

続【レポート】第6回伊賀流手裏剣打選手権大会・東京予選に行ってきた(午後の部)

ども!忍者デリバリーです。 前回に引き続き、伊賀の手裏剣大会江戸予選のレポートでござる。

記事を読む

NINJA!にんじゃ!忍者!〜”ニンジャ”というコトバのチカラ

以前、甲賀流忍術の継承者川上仁一先生とお話させていただく機会があったのですが、こんなことをおっしゃっ

記事を読む

忌野清志郎忍者背説

忌野清志郎 忍者説【ニンジャな人々】

芭蕉忍者説というものがある。忍者が好きだと言う人ならどこからか耳にしていると思う 教科書にも必

記事を読む

忍デリは高柳明音 (SKE48) 推しでござる!【ニンジャな人々】

「ニンジャな人々」と銘打って、忍者のような方々を取り上げているのですが、前回の”忌野清志郎ニンジャ説

記事を読む

祝!くノ一武道大会で仲間の忍者が優勝!!!

じつはなんと先日お知らせした京都福知山で開催された「第18回くの一武道大会 丹波福知山の段」で、忍者

記事を読む

ジョン・ベルーシのビックリな身体能力?【ニンジャな人々】

ども!今日の【ニンジャな人々】なんですが、 いきなり「ジョン・ベルーシ(John Belush

記事を読む

七方出

忍者の変装の術「七方出(しちほうで)」現代だったらこんな感じ?

♪ヤマトナデシコ七変化、なんて唄があったけど「七方出(しちほうで)」という7つの職業に変装する術があ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

鎌ヶ谷でネパール料理を食べて踊る忍者

いろいろと縁があって、千葉県の鎌ヶ谷までカレーを食べに行きました。

ぜんぜん可愛くないけど観に行った「ミュータントタートルズ」

仕事とかなんとか言って「ミュータント・タートルズ」(吹き替え)を観て参

心が”ほっこり”っとした「忍法大全」

忍者関連の本を読んで”ほっこり”っとすることがたまにある。 でも

「甲賀忍法帖」はやっぱり面白かった。

じつは山田風太郎作品を読むのは、なんと初めてだったのですが、やっぱり

【忍術教室のお知らせ】テーマは「手裏剣と杖術」10/7(火)に江戸某所で開催!

10/7(火)に「手裏剣と杖術」をテーマに忍術教室が開かれます。

→もっと見る

PAGE TOP ↑